クラシック音楽を楽しむための情報を集めたポータルサイト。クラシック音楽基礎知識。クラシック音楽の楽器。クラシック音楽最新ニュース。クラシック音楽演奏家リンク。コンサートの楽しみ方等々。
クラシック音楽情報
 TOPオーケストラを聴こう指揮者のこと指揮と音がずれて聞こえるのは
クラシック音楽の豆知識
コンサートの楽しみ方
オーケストラを聴こう
オーケストラの基礎知識
指揮者のこと
オーケストラの楽器のこと
オーケストラの演奏のこと
オーケストラの裏方さんの仕事
オーケストラ用語集
クラシック音楽の楽器
クラシック音楽の仕事

クラシック音楽用語集

クラシック演奏家リンク
クラシック関連リンク



  指揮者のこと

指揮と音がずれて聞こえるのは


オーケストラの演奏で指揮者が指揮棒を振り下ろしてから、少し遅れて音が鳴るのを感じることがあります。つまり指揮とオーケストラの演奏とがあっていないように感ずることがよくあります。

 でもこれは演奏が「出遅れた」のではありません。指揮棒が動いてから音が鳴るまでほんのわずかの時間差が生じて、それがずれて聞こえるのが原因です。短距離走者がスタート音を聞いてから走り出すまで、わずかの時間差がでるのと同じで、オーケストラは指揮についていくのが原則だからです。

 また、これとあわせて奏者の技術や感受性に問題があったりして、指揮についていくのが大変な場合もあります。さらに、楽器によっても差がでます。長い管を持っていて発音に時間がかかるホルンや、大型で不器用なコントラバスやテューバなどは自然とずれがちになります。

 また、聴衆の座る席によっては、会場が大きい場合などは、視覚的に見る指揮者と耳で聞く音の伝わる早さでの違いから、遅れて感じることが生じてきます。オーケストラのように100近くの奏者が、指揮者について完璧に演奏するのは大変なことのようです。





クラシック音楽情報 We love classic
 メールはこちらからサイトマップもっと知りたいクラシックザ・オーケストラ管理人のことリンク
Copyright (C) 2007 All Rights Reserved