クラシック音楽を楽しむための情報を集めたポータルサイト。クラシック音楽基礎知識。クラシック音楽の楽器。クラシック音楽最新ニュース。クラシック音楽演奏家リンク。コンサートの楽しみ方等々。
クラシック音楽情報
 TOPオーケストラを聴こう指揮者のこと指揮者になるのには
クラシック音楽の豆知識
コンサートの楽しみ方
オーケストラを聴こう
オーケストラの基礎知識
指揮者のこと
オーケストラの楽器のこと
オーケストラの演奏のこと
オーケストラの裏方さんの仕事
オーケストラ用語集
クラシック音楽の楽器
クラシック音楽の仕事

クラシック音楽用語集

クラシック演奏家リンク
クラシック関連リンク



  指揮者のこと

指揮者になるのには


オーケストラや合唱、吹奏楽などでそれぞれのパートの演奏をまとめ、音楽の表現をコントロールするのが指揮者の役目です。音のバランスやテンポを調整するだけではなく、演奏そのものをどう表現するのかを示していきます。そのため指揮者によってその演奏は素晴らしくもなり、その反対にもなります。

 指揮者になるためには特に資格は必要ありませんが、音楽大学の指揮科で学ぶのが一般的です。ただし音楽大学の指揮科に入るのには、かなり高度なピアノの技術と和声の知識が必要になります。

 プロのオーケストラの指揮者になるのには、メジャーの国際指揮者コンクールに入賞するのが一番の早道ですが、指揮者コンクールで入賞するためには音楽に関する高度な知識や技術ばかりでなく、卓越した芸術感覚が何よりも必要とされます。

 現在、プロの指揮者で活動されている方の中には、楽器を演奏されていて、途中から楽器や声楽、あるいは作曲などを学び、音楽についての幅広い知識や経験を身につけた後に、あらためて指揮者への道に進んだ人もいます。

 指揮者としての必須条件としては、音楽と楽器に対する深い理解はいうまでもありませんが、作曲家の意図を汲む想像力や、演奏家たちの才能を引き出す指導性、カリスマ性、団員を圧倒する音楽性、またプロデューサーとしてオーケストラを率いる忍耐力など、すべての能力を備えていることが不可欠だといわれています。このようなことから総理大臣になるより、指揮者として成功するほうがむずかしいとも揶揄されます。





クラシック音楽情報 We love classic
 メールはこちらからサイトマップもっと知りたいクラシックザ・オーケストラ管理人のことリンク
Copyright (C) 2007 All Rights Reserved