ザ・オーケストラ オーケストラの編成や楽器の種類、プロオーケストラ、アマチュアオーケストラ、指揮者、コンサートの楽しみ方、オーケストラを支える裏方の仕事まで、オーケストラの魅力がぎっしり詰まったサイト。 このサイトでオーケストラのすべてがわかる!

ザ・オーケストラ

 Home | rink | Mail | Sait map 


  HOMEクラシック音楽の仕事写譜屋さん 

    クラシック音楽の仕事


写譜屋さん


 写譜屋さんとはオーケストラのスコアや、編曲家が書いたスコアから、各楽器のパート譜を書き出すことを仕事としている人です。クラシック音楽の場合、作曲家や編曲家が書く楽譜は通常「スコア」と呼ばれ、各楽器の楽譜が一緒に並べて書かれていますので、そのままでは演奏する楽譜としては大変読みにくいものです。

 写譜屋さんはそれをそれぞれの楽器ごとに、写譜ペンやあるいはコンピュータを使い個別の楽譜を作成します。最近は、スコアは楽譜ではなくMIDIで編曲され、デジタルデータを渡されることも多いので、写譜屋さんはMIDIにも通じていなければなりません。

 クラシックの作曲家は感性の流れで譜面を一揆に書き上げることが多いため、コンピュータを使用するのを嫌う作曲家が多くいます。また作品のスコアは多くの場合、締め切りギリギリに出来上がることが多く、写譜屋さんの人海戦術が必要になるというわけです。また写譜屋さんは仕上げた楽譜のチェックをするために初演作品などは練習に立会うこともあります。

 写譜屋さんになるのには、楽譜を書く能力はもちろんですが、音楽理論や楽器についての基礎知識は不可欠です。音楽大学の学生が、アルバイトで写譜をやり、そのまま卒業後もプロとして写譜の仕事を続けるというケースが多いのもこのためです。写譜屋さんは地味な仕事ですが、プロと言われる写譜屋さんの楽譜はコンピュータ楽譜にはない深みと読みやすさがあり、その楽譜は芸術ともいえるものがあります。









ピアノ発表会ヒントあれこれ| 吹奏楽・ブラスあれこれ|合唱・コーラスあれこれトランペットあれこれ
クラシック音楽情報リサイタルの開き方もっと知りたいクラシック吹奏楽・オーケストラの楽器 |初めてのクラシック