ザ・オーケストラ オーケストラの編成や楽器の種類、プロオーケストラ、アマチュアオーケストラ、指揮者、コンサートの楽しみ方、オーケストラを支える裏方の仕事まで、オーケストラの魅力がぎっしり詰まったサイト。 このサイトでオーケストラのすべてがわかる!

ザ・オーケストラ

 Home | rink | Mail | Sait map 


  HOMEクラシック音楽の仕事リトミック指導員 

    クラシック音楽の仕事


リトミック指導員


 リトミックとは、音楽のリズムで子どもの創造力や感性を豊かに育む教育メソッドで、おもに0〜4歳程度の幼児を対象としたものです。リトミックとは、ギリシャ語の「リズム」という意味です。音楽のリズムが体と心の働きに与えるプラスの効果が注目され、欧米では情操教育の手法のひとつとして広く実践されています。

 リトミックの主な内容としては、歌やピアノ、ゴムボール等の玩具を用いて、リズム感や感受性、表現力、集中力、自主性、協調性などを養っていきます。性格や潜在能力の大半が形成される大変重要な幼児期に、音楽リズムを中心に、心身の調和を図り、豊かな感性・創造性を育むことを目的としています。

 リトミック指導員の資格として公的なものはありませんが、幼児リトミックを日本で始めて開発した私立の国立音楽院で認定資格を設けています。音楽療法理論や教育、芸術、発達心理学などからなる、幼児リトミック演習、リトミック即興などのカリキュラムを履修すれば、指導員として認定されます。

 リトミック指導員の活躍の場としては、カルチャーセンターや公共機関などで開催している文化教室や幼児教室などで講師として活躍するのが一般的です。特に最近は生後1〜2ヶ月から始めるベビーリトミックの人気が高まり講師の需要も大変増えています。

 また、実力と経験しだいでは、自宅でリトミック教室を開き子供たちに教えることも可能です。結婚しても、子供ができても続けられるのも魅力の一つです。リトミック指導員は子供と音楽が好きな方にはまさに天職と言ってよい仕事かもしれません。









ピアノ発表会ヒントあれこれ| 吹奏楽・ブラスあれこれ|合唱・コーラスあれこれトランペットあれこれ
クラシック音楽情報リサイタルの開き方もっと知りたいクラシック吹奏楽・オーケストラの楽器 |初めてのクラシック