ザ・オーケストラ オーケストラの編成や楽器の種類、プロオーケストラ、アマチュアオーケストラ、指揮者、コンサートの楽しみ方、オーケストラを支える裏方の仕事まで、オーケストラの魅力がぎっしり詰まったサイト。 このサイトでオーケストラのすべてがわかる!

ザ・オーケストラ

 Home | rink | Mail | Sait map 


  HOME楽器についてクラリネットのリード


  楽器について

クラリネットのリード


リードは葦製がもっとも一般的です。クラリネット用のリードは、多くの場合、すぐに楽器に取り付けて使用できる完成品の形で供給されますが、原木や半完成品を仕入れてきて自作するプレーヤーもいます。原材料となる葦の主な産地としては、南フランス、オーストラリア、アルゼンチンなどがあります。

 畑から収穫された葦は、数年間乾燥した後、コンピューター制御のメイキングマシンや、小規模な工房などではすべて手作業で、厚みや幅に応じて切り出されます。完成品のリードは、厚さ、コシの強さなどを器械で測定し、一定の規格ごとに分類され出荷されます。これらの分類基準は個々のメーカーが定めた独自基準にすぎないため、同じ固さの表示でもメーカーが異なれば吹き心地が変わることが多くあります。

 リードの固さは、使用するマウスピースやリガチャー、奏者の好みに応じて、適切なものを選択する必要があります。一般に、開きが狭く、あるいは短くなるほど硬く厚いリードを用い、逆の場合は薄く柔らかいリードを用いるのが良いとされています。

 葦製のリードは、気温や湿度の影響を受けやすく、そのため、工場出荷時点での品質と、プレーヤーの手許に届いた時点での品質が異なることがあり得ます。また、その日の演奏環境や、使用後の保存状態などにより、リードの状態は刻々と変わり続けます。これをいかに管理するかが良いリードを使い続けるポイントとなり、またプレーヤーの悩みどころです。

 リードは高度なマシンや熟練した職人の手で作られ、非常に高い精度を持ちますが、マウスピースの個体差やプレーヤー個人の歯並び、アンブシュアによって、必ずしもそのまま使えるとは限りません。そのため、自分にとって最適なバランスとなるように、調整することも必要になります。リードの調整には、目の細かい紙ヤスリやナイフが用いられます。しかしリードの調整にはノウハウが必要で、また微妙な力加減も覚えなければならず、修練が必要です。

 とくに初心者は、その問題がリードに起因するのか、楽器自体の不具合か、奏法が誤っているのか、正しく認識できないことが多く、ともすると「リード弄り」に明け暮れてしまうおそれもあります。良いリードを選び、作ることは良い演奏の助けとなりますが、リードの良し悪しを正しく判定できるだけの、確固とした演奏力が不可欠です。








ピアノ発表会ヒントあれこれ| 吹奏楽・ブラスあれこれ|合唱・コーラスあれこれトランペットあれこれ
クラシック音楽情報リサイタルの開き方もっと知りたいクラシック吹奏楽・オーケストラの楽器 |初めてのクラシック