有名な作曲家一覧

作曲者名 代表的な作品
ア行 アルカデルト アヴェ・マリア
  アルチュニアン トランペット協奏曲
アルビノーニ 弦楽とオルガンのためのアダージョ
アルベニス アストゥリアス
アダン バレエ「ジゼル」
アンゲラー おもちゃの交響曲
アンドリュー・ヨーク  サンバースト
イヴァノヴィチ ドナウ河のさざなみ
イザイ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番「バラード
ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲「四季」
ヴィターリ シャコンヌ ト短調
  ヴィエニャフスキ ヴァイオリン協奏曲第2番 
  ヴィラ=ロボス 前奏曲第1番  
  ウィルソン 76本のトロンボーン
ウェーバー 狩人の合唱  舞踏への勧誘
ヴェルディ  レクイエム  アイーダ凱旋行進曲
ウェルナー 野ばら
V・ウイリアムズ  バス・テューバと管弦楽のための協奏曲
エルガー 「威風堂々」第1番  愛の挨拶
オッフェンバック  天国と地獄」序曲    ホフマンの舟歌
 カ行 ガーシュウィン  ラプソディ・イン・ブルー  パリのアメリカ人
カール・オルフ カルミナ・ブラーナ
カサド 愛の言葉
カスキ  夜の海辺にて  
カッチーニ アヴェ・マリア  アマリッリ
カバレフスキー 道化師のギャロップ
カルダーラ 君われにつらくとも
クーセヴィツキー コントラバス協奏曲
グノー グノーのアヴェ・マリア
クラーク トランペット・ヴォランタリー
クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ  美しきロスマリン
グラナドス アンダルーサ
グリーグ ピアノ協奏曲  組曲「ペール・ギュント」
グリエール バレエ「赤いけしの花」より“ロシア水兵の踊り”
グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
グルック 精霊の踊り
グローフェ 組曲「グランド・キャニオン」
ケテルビー ペルシャの市場にて
ケネス・アルフォード 行進曲「ボギー大佐」
コープランド エル・サロン・メヒコ    アパラチアの春
古関 裕而 東京オリンピックマーチ  スポーツ・ショー行進曲 
コダーイ 無伴奏チェロ・ソナタ 作品8
ゴダール ジョスランの子守歌 
コレッリ ヴァイオリン・ソナタ第12番「ラ・フォリア」
サ行 サティ ジムノペディ 第1番
サラサーテ ツィゴイネルワイゼン
サン=サーンス 白鳥  序奏とロンド・カプリチオーソ
シベリウス 交響詩「フィンランディア」  樹の組曲
シャブリエ 狂詩曲「スペイン」
シューベルト 未完成交響曲   冬の旅   アヴェ・マリア
シューマン トロイメライ  流浪の民  ピアノ協奏曲
シュランメル ウィーンはいつもウィーン
ショスタコーヴィチ ワルツ第2番(セカンドワルツ)  交響曲第5番 「革命」
ショパン 幻想即興曲  子犬のワルツ  別れの曲
ジョルダーニ カロ・ミオ・ベン
シンディング 春のささやき 
J・ウィリアムズ オリンピックのファンファーレとテーマ
スヴィリードフ 「吹雪」より“ワルツ”
スーザ 行進曲「星条旗よ永遠なれ」  行進曲「ワシントン・ポスト」
A.スカルラッティ みれ    私は心に感じる
D.スカルラッティ ソナタ ニ短調 K.1(L.366)
スタンリー・マイヤーズ カヴァティーナ
スッペ 「軽騎兵」序曲
ストラヴィンスキー 春の祭典   火の鳥  ペトルーシュカ
スパーク パントマイム
スメタナ 「わが祖国」より“モルダウ”
  ソル モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲
タ行 タイケ  行進曲「旧友」
  ダウランド 涙のパヴァーヌ
ダカン かっこう
タルティーニ  悪魔のトリル 
タレガ アルハンブラの想い出
デュカス 「ラ・ペリ」のためのファンファーレ”
チアンピ ニーナの死 Nina
チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」  アンダンテ・カンタービレ
ディニーク ホラ・スタッカート
デザンクロ サクソフォン四重奏曲
テレマン ターフェル・ムジーク(食卓の音楽)
デュリュフレ レクイエム
ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」  ユーモレスク  スラヴ舞曲集
トスティ 最後の歌
ドップラー ハンガリー田園幻想曲
ドナウディ ああ愛する人の(O del mio amato ben)
ドニゼッティ 歌劇「愛の妙薬」より”人知れぬ涙“(ネモリーノのアリア)
ドビュッシー 月の光  牧神の午後への前奏曲   2つのアラベスク
トマジ トランペット協奏曲 
ドリーブ バレエ「コッペリア」より“マズルカ” “ワルツ”
ドリゴ 愛のセレナーデ
ドルドラ 思い出(スーヴニール) 
ナ行 ナイジェル・ヘス ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー
  ナザレー オデオン 
ハ行 バーバー 弦楽のためのアダージョ
バーンスタイン  キャンディード序曲
ハイドン 交響曲第100番「軍隊」   トランペット協奏曲
パイジエッロ もはや私の心には感じない(うつろの心) 
パガニーニ 24のカプリース 作品1より「第24番」”
バダジェフスカ 乙女の祈り
バッハ 主よ、人の望みの喜びよ   G線上のアリア  
バッジーニ 妖精の踊り
ハチャトゥリアン 剣の舞   「仮面舞踏会」より“ワルツ”
パッヘルベル パッヘルベルのカノン
バラキレフ ひばり
バリオス 郷愁のショーロ    大聖堂
バルトーク ルーマニア民俗舞曲
パルムグレン 粉雪”
ビーバー パッサカリア
ビゼー 歌劇「カルメン」   組曲「アルルの女」
ファリャ 「恋は魔術師」より“火祭りの踊り”
プーランク フルート・ソナタ
フェラーリ 歌劇「マドンナの宝石」から”間奏曲”
フォーレ レクイエム   夢のあとに
プッチーニ 歌劇「トスカ」より“星は光りぬ”
ブラームス ハンガリー舞曲第5番    交響曲第1番
フランク ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調
ブリテン 青少年のための管弦楽入門
ブルグミュラー 貴婦人の乗馬   ゴンドラの船頭歌
ブルックナー 交響曲第7番より第2楽章
ブルッフ  ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26”
プロコフィエフ バレエ音楽「ロミオとジュリエット」
フンメル トランペット協奏曲
ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」  交響曲第9番「合唱付」  
ベッリーニ 優しい妖精、マリンコニーアよ
ペルゴレージ スターバト・マーテル
ヘルマン・ネッケ クシコス・ポスト
ベルリオーズ 幻想交響曲
ヘンデル 上の音楽  ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)
ボッケリーニ ボッケリーニのメヌエット
ポッパー ハンガリー狂詩曲 
ホルスト 組曲「惑星」より”木星”
ボロディン 交響詩「中央アジアの草原にて」
ポンキエルリ 歌劇「ラ・ジョコンダ」より”時の踊り”
マ行 マーラー 交響曲第5番より「第4楽章」”愛の楽章”
マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」 間奏曲
マスネ タイスの瞑想曲
マリー 金婚式
マルティーニ 愛の喜び
マルチェッロ オーボエ協奏曲
三善 晃 札幌オリンピック・ファンファーレ
ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」
メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲  歌の翼に
モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」  アイネ・クライネ・ナハトムジーク
モンティ チャルダッシュ
ヤ行 ヤナーチェク 「シンフォニエッタ」より”ファンファーレ”
  ヨーゼフ・シュトラウス 鍛冶屋のポルカ
吉松 隆 トロムボーン協奏曲「オリオンマシーン」
J・シュトラウスⅠ ラデツキー行進曲
J・シュトラウスⅡ 美しき青きドナウ  皇帝円舞曲  ワルツ「春の声」
ラ行 ラヴェル ボレロ   亡き王女のためのパヴァーヌ
ラウロ ベネズエラ・ワルツ 第2番
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番  ヴォカリーズ
ラモー タンブーラン
ラロ スペイン交響曲
ランゲ 花の歌
リスト ピアノ協奏曲第1番   ラ・カンパネラ  愛の夢 第3番
R・コルサコフ シェラザード  蜂の飛行
リヒナー 忘れな草(勿忘草)
R・シュトラウス 交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」
R・アンダーソン トランペット吹きの休日  そりすべり
ルイ・ガンヌ 勝利の父   ロレーヌ行進曲   
ルッツィ アヴェ・マリア
レーガー バッハの主題による幻想曲とフーガ
レオンカヴァッロ 歌劇「道化師」より“衣装をつけろ”
レスピーギ 交響詩「ローマの松」
レハール ワルツ「金と銀
ローサス 波濤を越えて
ロッシー 歌劇「ウィリアム・テル」序曲  歌劇「セビリアの理髪師」
ロドリーゴ アランフェス協奏曲
ワ行 ワーグナー 歌劇「タンホイザー」より大行進曲   婚礼の合唱
J・F・ワーグナー 双頭の鷲の旗の下に
ワルトトイフェル スケーターズ・ワルツ