シューベルト:さすらい人幻想曲

「さすらい人幻想曲 D760 作品15」は1822年、シューベルトが25歳の時に作曲したピアノ曲です。幻想曲という名がついていますが、4楽章からなる自由な形式のソナタ風作品で、切れ目なく演奏されます。

「さすらい人」という名前は、第2楽章の変奏曲の主題が自作の歌曲「さすらい人」の主題を用いているのでこの名で親しまれています。

シューベルトのピアノ作品としては高度の演奏技術を要する作品で、シューベルト自身もうまく弾けず、苛立ちのあまり「こんな曲は悪魔にでも弾かせればいい」、とシューベルト自身が語ったという有名な逸話があります。

シューベルト:さすらい人幻想曲

AmazonでCDを見る

楽譜はこちら


😀 オススメCD
シューベルト:《さすらい人幻想曲》、シューマン:幻想曲







コメントは受け付けていません。