ストラヴィンスキーの名曲ベスト

イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー
Igor Fyodorovitch Stravinsky(1882- 1971)
ストラヴィンスキー

バレエ音楽「春の祭典」

「春の祭典」はストラヴィンスキーがロシアバレエ団のために1913年に作曲したバレエ音楽。複雑なリズムのクラスター、ポリフォニー、不協和音に満ちていて、20世紀の近代音楽の傑作に挙げられる作品。


春の祭典」より第1部“大地の礼讃”

第1部「大地への礼讃」より第1曲。しのびよる春の神秘さを象徴するようファゴットのミステリアスな旋律で曲は始まる、ファゴットの名曲の一つになっています。


火の鳥

「火の鳥」はロシアの音楽家イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ音楽。「春の祭典」「ペトルーシュカ」と並んで、ストラヴィンスキーの三大バレエ音楽の一つです。


ペトルーシュカ

「ペトルーシュカ」はロシアの音楽家イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ音楽。「ペトルーシュカ」はおがくずの体を持つわら人形の物語で、主人公のパペットが命を吹き込まれて恋を知るという、ロシア版のピノキオのようなストーリーです。




コメントは受け付けていません。