エルナンデス:エル・クンバンチェロ

「エル・クンバンチェロ」は、プエルトリコの作曲家であるラファエル・エルナンデスが1943年に作詞、作曲したラテン音楽。

エルナンデスは生涯に3000曲以上もの楽曲を作曲したプエルトリコの国民的作曲家。エル・クンバンチェロはエルナンデスの代表作であり、特にアメリカ、南米などでヒットしました。

「エル・クンバンチェロ」はスペイン語で、「飲んでお祭り騒ぎをする人」の意。ラテン音楽独特のビートの利いたリズムとアップテンポで盛り上がります。日本では高校野球の応援歌や、吹奏楽の演奏曲の定番となっています。

エル・クンバンチェロ(岩井直溥編曲)

😀 オススメCD
ニュー・サウンズ・イン・ブラス・スーパー・ベスト
東京佼成ウィンドオーケストラ

😀 楽譜を見る


😯 関連リンク
世界のマーチ(行進曲)の名曲ベスト
日本のマーチ(行進曲)の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。