オー・ソレ・ミオ(ナポリ歌曲)

「オー・ソレ・ミオ」はイタリアのディ・カプアによって1898年に作曲されたカンツォーネ・ナポレターナ(ナポリ歌曲)です。日本ではカンツォーネの代表曲として「帰れソレントへ」、「サンタ・ルチア」などと並んで人気が高い曲です。

「オー・ソレ・ミオ」とは「私の太陽」という意味です。ハバネラのリズムが特徴的で、世界中で翻訳され、様々な言語で歌われていますが、通常は原語のナポリ語で歌われます。

エルビス・プレスリーによるカバー「It’s now or never」は世界中で2000万枚を売り上げるヒットとなりました。日本ではバリトン歌手の立川澄人が第15回NHK紅白歌合戦で歌いました。

オー・ソレ・ミオ

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
オー・ソレ・ミオ
プラシド・ドミンゴ


😯 関連リンク
アンコール曲の名曲ベスト(声楽編)







コメントは受け付けていません。