ヨハン・シュトラウス2世:オペレッタ「こうもり」序曲

「こうもり」はヨハン・シュトラウス2世が1874年に作曲した全3幕のオペレッタです。オペレッタとはセリフと踊りのあるオーケストラ付きの歌劇で、「喜歌劇」とも呼ばれています。

「こうもり」は数あるオペレッタの中でも大変人気があり、ヨハン・シュトラウス2世特有の優雅で軽快なウィンナ・ワルツの旋律が全編を彩り、その親しみやすいメロディは全世界で愛されています。

「序曲」では劇中の主な場面の旋律が次々に現われます。冒頭の跳び跳ねるようなフレーズから楽しい気分があふれ、かつ美しく、管弦楽曲として独立して演奏されることも多い曲です。

オペレッタ「こうもり」序曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
カルロス・クライバー指揮 シュトラウス:「こうもり」序曲
カルロス・クライバー指揮 バイエルン国立管弦楽団


😯 関連リンク
はまると虜になる・オペラ名曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。