ドヴォルザーク:「スラヴ舞曲」第1集より第1番 作品46-1

スラヴ舞曲集は、ドヴォルザークが作曲した舞曲集。ピアノ連弾のために書かれましたが、作曲者自身によって全曲が管弦楽に編曲されています。第1集作品46と第2集作品72があり、それぞれ8曲から構成されています。

なお、曲の番号は第1集・第2集を8曲ずつ分けて呼称する場合と、第1集から第2集までの全16曲が通し番号で呼ばれる場合があります。

スラヴ舞曲第1集の第1曲は「フリアント」です。「フリアント」とはボヘミアの民俗舞曲で、4分の2拍子と4分の3拍子が交互に入れ替わる熱狂的な舞曲です。それがスラヴ的なリズム感と郷愁を生み出しています。

「スラヴ舞曲」第1集より第1番

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
アンコール曲の名曲ベスト(管弦楽編)







コメントは受け付けていません。