ヨハン・シュトラウス2世:美しき青きドナウ

ヨハン・シュトラウス2世は生涯に約500曲以上のワルツを作曲し、「ワルツ王」といわれています。「ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート」は、ヨハン・シュトラウス2世やシュトラウス・ファミリーの作品を中心にプログラムが組まれます。

「美しき青きドナウ」はヨハン・シュトラウス2世の代表作の一つで、ワルツの代名詞的な作品として大変人気が高く広く親しまれている作品です。毎年1月1日に行われる、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートのアンコールの定番曲です。

曲は弦楽器のトレモロに乗ってホルンが静かに主題旋律を奏した後、ワルツに発展し有名なメロディへと続いていきます。「第二のオーストリアの国歌」ともいわれ、映画「2001年宇宙の旅」のメインBGMとしても使われました。

ヨハン・シュトラウス2世:美しき青きドナウ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ベスト・オブ・ニューイヤー・コンサート
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
「春を感じる」クラシックの名曲ベスト




コメントは受け付けていません。