チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」より”金平糖の踊り”

「くるみ割り人形」はチャイコフスキーが作曲したバレエ音楽で、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」と共に3大バレエと言われています。

「くるみ割り人形」は始まりのシーンが「クリスマスの夜」ということもあって、クリスマスのシーズンに上演されることが多いようです。ちなみに「くるみ割り人形」とは、人形の形をした胡桃を割る道具のことです。

中でも「金平糖の踊り」は、当時発明されたばかりの楽器チェレスタを起用した最初の作品として広く知られています。チェレスタの音色の特性を生かして夢幻的な雰囲気をかもし出しています。

この「金平糖の踊り」は女子フィギュアスケートの浅田真央選手が2005-2006シーズンのフリースケーティングで使用していました。

「くるみ割り人形」より”金平糖の踊り”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
チャイコフスキ-/バレエ<くるみ割り人形>
ワレリー・ゲルギエフ


😯 関連リンク
「冬を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。