シベリウス:「カレリア」組曲より”行進曲風に”

「カレリア」組曲はフィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの管弦楽作品。当初は劇音楽として作曲されたのですが、評判が悪く、シベリウスはこれを失敗作として廃棄しました。その後、この劇音楽のうち「序曲」と、組曲が2つの作品として出版されました。

「カレリア」組曲はシベリウスの管弦楽曲のうち比較的よく演奏される作品です。「間奏曲」、「バラード」、「行進曲風に」の3曲から構成されていますが、特に第3曲「行進曲風に」は単独で演奏されることも多い人気曲です。

「カレリア」組曲より”行進曲風に”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
シベリウス:交響曲第1番、「カレリア」組曲
ヘルベルト・フォン・カラヤン


😯 関連リンク
「夏を涼しく感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。