ヘンデル:「水上の音楽」第2組曲より”アラ・ホーンパイプ“

「水上の音楽」はヘンデルがイギリス王ジョージ1世のご機嫌を取るためにこの曲を作り、テムズ川での王の舟遊びの際にこの曲を演奏したといわれています。

野外で演奏される曲のため、全体に明るく開放的な雰囲気が溢れているヘンデルの代表作品のひとつです。中でも、第2組曲の第2曲目の「アラ・ホーンパイプ」は全曲中最も有名な曲です。

ホーンパイプとは17世紀後半に生まれたイギリスのフォークダンス、およびそのための舞曲。動物の角を組み込んだ木管楽器の意味も。ちなみにアラは英語のTHEにあたります。

「水上の音楽」第2組曲より”アラ・ホーンパイプ“

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽
オルフェウス室内管弦楽団


😯 関連リンク
「夏を涼しく感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。