ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲

歌劇「ウィリアム・テル」はフリードリヒ・フォン・シラーが1804年に書いた戯曲「ヴィルヘルム・テル」をもとにロッシーニが作曲したオペラです。ウィリアム・テル序曲は日本でもよく知られる曲です。

歌劇「ウィリアム・テル」の舞台は13世紀のスイス。当時スイスを支配していたオーストリアの圧政に対し、ウィリアム・テルが司政官ゲスラーを討伐し、スイスの自由と平和を勝ち取るという内容の英雄劇となっています。

序曲は「夜明け」「嵐」「静寂(牧歌)」「スイス軍隊の行進」の4つの部分に分かれており、特に最後の「スイス軍隊の行進」の部分は様々な音楽シーンで取り入れられています。
トランペット、ホルンによるファンファーレが演奏され、ギャロップ調の行進曲が次第に高揚し、盛大なクライマックスで締めくくられます。

ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ウィリアム・テル、軽騎兵~ロッ
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
はまると虜になる・オペラ名曲ベスト30
クラシックが好きになるクラシック




 

コメントは受け付けていません。