ワーグナー:楽劇「ローエングリン」より”婚礼の合唱“

「ローエングリン」は、ワーグナーのオペラの中でも特に人気が高く演奏の機会の多い作品です。台本もワーグナーによるもので、これ以降に作曲された楽劇に対してロマンティック・オペラと呼ばれる最後の作品です。

「ローエングリン」はバイエルン王ルートヴィヒ2世が好んだことでも知られています。「婚礼の合唱」、第1幕への前奏曲、第3幕へ前奏曲は独立して演奏される人気の高い曲です。

ワーグナーの「婚礼の合唱」はメンデルスゾーンの結婚行進曲と並んで、主にチャペル挙式の新郎新婦退場などによく使われます。しかし、オルガンに編曲されているのが一般的であるため、原曲が管弦楽付きの合唱で歌われることはあまり知られていないようです。

ワーグナー:楽劇「ローエングリン」より”婚礼の合唱“

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
狩人の合唱/合唱名曲集
ボルフスブルク合唱団


😯 関連リンク
ウエディング・クラシック




 

コメントは受け付けていません。