近代・現代のクラシック名曲ベスト

ここでは近代・現代のクラシックの名曲をセレクトしています。

クラシック音楽の近代音楽とは、おおよそ20世紀初頭(あるいは19世紀後半)の頃から第2次世界大戦の終わり頃までの音楽を指します。それ以降の音楽は現代音楽と呼ばれています。
現代音楽

 😀 ハチャトゥリアン:剣の舞


 😀 カール・オルフ:カルミナ・ブラーナ


 😀 ストラヴィンスキー:「春の祭典」より第1部“大地の礼讃”


 😀 ストラヴィンスキー:火の鳥


 😉 ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ


 😀 ハチャトゥリアン:「仮面舞踏会」より“ワルツ”


 😀 ショスタコーヴィチ:ワルツ第2番(セカンドワルツ)


 😀 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 「革命」より第4楽章


 😀 ブリテン:青少年のための管弦楽入門


 😀 ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー


 😀 ガーシュウィン:パリのアメリカ人


 😀 コープランド:エル・サロン・メヒコ


 😀 コープランド:「アパラチアの春」より”シンプル・ギフト“


 😀 バーンスタイン:キャンディード序曲


 😀 バルトーク:ルーマニア民俗舞曲


 😀 コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ 作品8


 😀 プロコフィエフ:バレエ「ロミオとジュリエット」より”モンタギュー家とキャピュレット家“(騎士たちの踊り)


 😀 ロドリーゴ:アランフェス協奏曲


 😀 ジョン・ウィリアムズ:オリンピックのファンファーレとテーマ


 😀 コープランド:市民のためのファンファーレ


 😀 ヤナーチェク:シンフォニエッタ


 😉 ポール・デュカス:「ラ・ペリ」のためのファンファーレ




コメントは受け付けていません。