コープランド:「アパラチアの春」より”シンプル・ギフト“

「アパラチアの春」は、アーロン・コープランドの「三大バレエ」の一曲。1944年10月初演、オーケストラ組曲として編曲されたものが広く知られています。

オーケストラ組曲は8つの部分に分かれていますが、特に第7楽章は「シンプル・ギフト」とも呼ばれ、このバレエの中で最も良く知られています。

「シンプル・ギフト」はもともとキリスト教の一派であるシェーカーの賛美歌で、コープランドは歌曲集「古いアメリカの歌」第1集の4曲目としてもこの曲を取り上げており、今では独唱や合唱曲として広く歌われています。

アメリカのオバマ大統領の就任式で、ヨーヨー・マら4名により演奏されたほか、ジョン・ウィリアムス作曲による「Air and Simple Gifts」でも、このメロディが使用されました。

「アパラチアの春」より”シンプル・ギフト“

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
コープランド:アパラチアの春/バーンスタイン:「キャンディード」序曲、他


😯 関連リンク
近代・現代のクラシック名曲ベスト







コメントは受け付けていません。