オッフェンバック:ホフマンの舟歌

「ホフマンの舟歌」は、ジャック・オッフェンバックが作曲した未完のオペラ「ホフマン物語」の第4幕で歌われるアリアです。「ホフマンの舟歌」は通称で、原題は「美しい夜、おお、恋の夜よ」といいます。

第4幕の冒頭、運河でゴンドラの行き交うヴェネツィアの歓楽場の豪華な館で、高級娼婦ジュリエッタとニクラウスが夢見る恋の歌を歌います。「これまでに書かれた最も有名な舟歌」とも言われています。

この曲の甘く、叙情的なメロディはイタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」(1997年)やディズニーのコメディー映画「Birds of a Feather」(1931年)にも使われている他、様々な楽器に編曲されて演奏されています。

オッフェンバック:ホフマンの舟歌

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
恋はやさし野辺の花よ
メラニー・ホリデイ


😯 関連リンク
舟歌(バルカローレ)の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。