フォーレ:舟歌より” 第1番”

「舟歌」は、近代フランスの作曲家ガブリエル・フォーレが作曲したピアノ曲。全13曲。どれも優雅で美しい曲ですが、中でも第1番、第2番、第4番、第5番、第6番などが単独でよく演奏されています。

舟歌(バルカロール・バルカローレ)とはヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来する曲で、6/8拍子や9/8拍子などの複合拍子に乗せて、水面を漕ぎ行く舟と揺れ動く波の雰囲気などが表現されている曲です。

フォーレの舟歌第1番 イ短調 作品26は1881年に作曲されました。ピアニストのマルグリット・ロンは、この曲について「心に幾度となく浮かんでは消える波の歌を、そして海原の力強い歌を歌う」と述べています。

フォーレ:舟歌より” 第1番”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
フォーレ:舟歌、即興曲、無言歌、「ドリー」組曲 他
ジャン=フィリップ・コラール


😯 関連リンク
舟歌(バルカローレ)の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。