モーツァルト:ピアノ・ソナタ第15(18)番 ヘ長調 K.533/494

ピアノ・ソナタヘ長調K.533/494 はモーツァルが1786-1788年に作曲したピアノ・ソナタで、旧モーツァルト全集では第18番、新モーツァルト全集では第15番とされています。

2つの楽章がK.533、終楽章がK.494と2つのケッヘル番号が付けられているのは、最初は第3楽章が「ロンドK.494」という独立した曲でしたが、後に第1、第2楽章がつけ加えられ、「ソナタ」として出版されたからです。

第1楽章はポリフォニーの手法が用いられたソナタ形式。第2楽章は不協和音が独特のアンダンテ。第3楽章はロンドで、曲の最後にフーガのようなセクションがあり、全体に円熟期のモーツァルトらしい作品です。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第15(18)番 ヘ長調 K.533/494

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集5
マリア=ジョアオ・ピリス







コメントは受け付けていません。