モーツァルト:エクスルターテ・ユビラーテ「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」 K.165 (158a) より”アレルヤ”

「エクスルターテ・ユビラーテ」K.165 (158a) は、モーツァルトが作曲したモテット(宗教曲)。楽器編成は、ソプラノ独唱の他にオーボエとホルンが各2本と弦楽五部とオルガンです。

作曲されたのは1773年の1月で、第3回イタリア旅行の途中に、オペラ「ルチオ・シッラ」の主役のカストラート歌手のために作曲されました。

3楽章からなりますが、特に終楽章の「アレルヤ」が有名です。歌詞はアレルヤをずっと繰り返していきます。現在では、通常リリック・ソプラノの主要なレパートリーとなっています。

「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」より”アレルヤ”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:「エクスルターテ・ユビラーテ
ブルーノ・ワルター







コメントは受け付けていません。