モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第17(18)番 ニ長調 K.576

ピアノ・ソナタニ長調K.576は、モーツァルトが作曲した最後のピアノ・ソナタ。旧モーツァルト全集では第17番、新モーツァルト全集では第18番となっています。

この曲はモーツァルトが1789年にドイツを旅行した際に謁見した、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世から委嘱され、長女のフリーデリケ・シャルロッテ王女のために作曲したといわれています。

バロック的な対位法が活用されていることが特徴で、モーツァルトのピアノ・ソナタの中でも演奏が難しい作品の一つとされています。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第17(18)番 ニ長調 K.576

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集5
マリア=ジョアオ・ピリス







コメントは受け付けていません。