モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.138(125c)

ディヴェルティメントニ長調 K.136は、モーツァルトが16歳の時に作曲した弦楽四重奏のためのディヴェルティメントです。ザルツブルクで作曲されたことからK.136からK.138をまとめてザルツブルク・シンフォニーとも言われています。

ディヴェルティメントとは18世紀中頃に現れた、明るく軽妙で楽しい雰囲気の器楽曲のことです。日本語では嬉遊曲(きゆうきょく)と訳されています。

モーツァルトのディヴェルティメントと言えば、一番有名なのはK.136ですが、このK.138もイタリア風の瑞々しい感性に満ちた親しみやすい曲です。

モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.138(125c)

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
モーツァルト:ディヴェルティメント集
トン・コープマン


😯 関連リンク
「春を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。