チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」より” 4羽の白鳥たちの踊り”

「白鳥の湖」はチャイコフスキーが作曲したバレエ音楽で、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」と共に3大バレエと言われています。1875年、チャイコフスキーがモスクワのボリショイ劇場から新作バレエの音楽を依頼され作曲されました。

「4羽の白鳥たちの踊り」は第2幕で踊られる大変有名な踊りで、4人が手をつなぎあわせたまま踊ります。小さな白鳥が悪魔に縛られながらも必死に踊る様子を表しています。バレエでは途中のアントルシャ(空中で足をすばやく交差させる)とパッセ、エシャッペを重ねた足技が一番の見せ場となっています。

バレエ「白鳥の湖」より” 4羽の白鳥たちの踊り”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」全曲
ワレリー・ゲルギエフ







コメントは受け付けていません。