チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」第2幕より”パ・ド・ドゥ”

「くるみ割り人形」はチャイコフスキーが作曲したバレエ音楽で、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」と共に3大バレエと言われています。

「くるみ割り人形」とは、人形の形をした胡桃を割る道具のことです。「くるみ割り人形」は始まりのシーンが「クリスマスの夜」ということもあって、クリスマスのシーズンに上演されることが多いようです。

「パ・ド・ドゥ」とは、バレエにおいて男女2人の主役が踊る、バレエの見せ場の一つです。この「パ・ド・ドゥ」は第2幕の後半で花のワルツの後に踊られ、ゆっくりした曲に合わせてバレリーナが男性に支えられ美しい線とバランスを見せ優雅に踊ります。

バレエ音楽「くるみ割り人形」第2幕より”パ・ド・ドゥ”(吉田都)

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
チャイコフスキ-/バレエ<くるみ割り人形>
ワレリー・ゲルギエフ







コメントは受け付けていません。