ヘンデル:ハープシコード組曲 第2番より第4曲”サラバンド”

ヘンデルは、バッハとほぼ同じ時期に活躍したバロック期を代表する音楽家です。 バッハは「音楽の父」といわれますが、ヘンデルは「音楽の母」とも呼ばれています。

ハープシコードというのはイタリア語でいうチェンバロのことです。イギリス名ではハープシコード、フランスではクラヴサンとその呼び名が変わります。

この「サラバンド」はスタンリー・キューブリック監督による1975年公開の映画「バリー・リンドン」の、サントラとして使用され、その哀愁を帯びたメロディは、多くの人々を魅了しました。

ハープシコード組曲 第2番より第4曲”サラバンド”

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
ヘンデル:ハープシコード組曲
グレン・グールド


😯 関連リンク
チェンバロの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。