ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 作品65

「チェロ・ソナタ ト短調Op.65」はショパンが1846年に作曲したチェロとピアノのための室内楽曲です。ショパンはピアノの詩人とも言われ、生涯に残した曲はほとんどピアノ曲ですが、たった4曲だけ作られた室内楽曲のうち3曲までがチェロとピアノのデュオです。

これはショパンがチェロを愛していたのと、10数年来ショパンの芸術面と生活面を支え続けてきた親友でチェリストであったオーギュスト・フランショームの友情に報いるために書かれました。

ピアノ曲以外ではあまり知られていないこの曲ですが、チェロ奏者にとってはいつか弾きたい憧れの曲の一つとして知られています。

ショパン:チェロ・ソナタ ト短調より”第3楽章”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 作品65
アルゲリッチ、マイスキー







コメントは受け付けていません。