ハイドン:弦楽四重奏曲 第67番 ニ長調 「ひばり」

弦楽四重奏曲第67番ニ長調「ひばり」は、ハイドンが1790年に、エステルハージ侯爵家の宮廷楽団のヴァイオリニスト、兼実業家のヨハン・トストからの依頼によって作曲した弦楽四重奏曲です。

ハイドンの弦楽四重奏曲の中では第77番ハ長調「皇帝」に次いでよく知られている作品です。全4楽章。演奏時間は約17分。

「ひばり」という愛称はハイドン自身が名付けたものではなく、第1楽章の冒頭に現われる旋律がひばりのさえずりに似て聞こえるために付けられたものです。

ハイドン:弦楽四重奏曲 第67番 ニ長調 「ひばり」

AmazonでCDを見る

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
ハイドン:弦楽四重奏曲第17番&第67番&76番&第77番
イタリア弦楽四重奏団


😯 関連リンク
弦楽四重奏の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。