ハイドン:弦楽四重奏曲 第77番 ハ長調 「皇帝」

弦楽四重奏曲第77番「皇帝」はハイドンが1797年に作曲した弦楽四重奏曲で、ハイドンの全作品中で最も有名な曲の一つです。演奏時間は約25分

「皇帝」という副題は第2楽章が「オーストリア国家及び皇帝を賛える歌」の変奏曲であるところからきています。この変奏曲は、祖国オーストリアに国歌があるべきだと、ハイドンが時のオーストリア首相にその必要性を語り、それが実現、作曲されたものです。

ハイドンはレオポルド・ハシュカという詩人の詩にクラヴィア伴奏の歌曲として作曲し、オーケストラ伴奏に編曲し、さらにこの弦楽4重奏曲で変奏曲のテーマとして用いました。

この「オーストリア国家及び皇帝を賛える歌」は、その当時のオーストリア、現在のドイツ国歌となっており、後にハイドンの最高傑作と謳われ、「皇帝」の名を与えられました。

ハイドン:弦楽四重奏曲 第77番 「皇帝」

ハイドン:弦楽四重奏曲 第77番 「皇帝」より第2楽章

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ハイドン:弦楽四重奏曲第17番&第67番&76番&第77番
イタリア弦楽四重奏団


😯 関連リンク
弦楽四重奏の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。