ハイドン:トランペット協奏曲 変ホ長調

「交響曲の父」として知られるハイドンが、友人アントン・ヴァイディンガーのために作曲した作品です。フンメルの協奏曲とともに古典派を代表するトランペット協奏曲です。

ヴァイディンガーは半音階の演奏が可能なヴァルヴ式のトランペットを開発し、当時の優れた作曲家ハイドンやフンメルに協奏曲の作曲を依頼しました。

ハイドンのこの曲はヴァルヴ式のトランペットの特性を活かして半音階のフレーズや、自由な転調を駆使して書かれています。特に、第一楽章の最初の管弦楽の主題の提示の後に、朗々と輝かしくトランペットが第一主題を提示するところは珠玉です。

ハイドン:トランペット協奏曲 変ホ長調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ハイドン:トランペット協奏曲
ハンス・ガンシュ(トランペット)


😯 関連リンク
2倍楽しめる・協奏曲ベスト30
トランペットの名曲ベスト




 

コメントは受け付けていません。