モーツァルト:「レクイエム」より“涙の日(ラクリモーサ)”

通称「モツレク」と呼ばれている、レクイエムニ短調K.626はモーツァルト最晩年の名作です。「レクイエム」は多くの作曲家が作曲していますが、このレクイエムはヴェルディ、フォーレのものと並んで三大レクイエムと呼ばれ人気のある名曲です。

「レクイエム」(死者のためのミサ曲)とは死者に向かってその魂を鎮めるための歌ではなく、死んだ人が死後、神から受ける罰を軽くしてもらい、永遠の光を与えられるように祈るという曲です。

モーツァルトはこの「涙の日」を途中まで書いて亡くなりました。9小節以降はジュースマイヤーの補筆ですが、旋律や和声など主要な部分はモーツァルトの作曲とされています。この世のものとは思えないような美しい旋律が心に迫ってきます。

モーツァルト:「レクイエム」より“涙の日(ラクリモーサ)”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:レクイエム
カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの合唱曲ベスト20







コメントは受け付けていません。