ハイドン:交響曲第100番 ト長調 「軍隊」

ハイドンが1794年に作曲した4楽章の交響曲で、「軍隊」の愛称でよく知られています。第2楽章が特に有名です。演奏時間は約30分。

「軍隊」という愛称は、有名な「トルコ軍楽」の打楽器(トライアングル、シンバル、バスドラム)が第2楽章と、終楽章の終わりで使われていることからこのように呼ばれています。

なお、18世紀のヨーロッパの宮廷ではトルコがエキゾティシズムの対象であり、様々な「トルコ風音楽」が流行として取り入れられています。

ハイドン:交響曲第100番 ト長調 「軍隊」

ハイドン:交響曲第100番 ト長調 「軍隊」より第2楽章

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


 

😀 オススメCD
ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」&第100番「軍隊」、協奏交響曲
マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団



 

コメントは受け付けていません。