タイケ:行進曲「旧友」

カール・タイケは1864年生まれのドイツの作曲家。軍楽隊のために100曲以上の行進曲と、演奏会用の20曲を残しています。中でも、行進曲「旧友」は、タイケの代表作であるだけではなく、世界的に最も有名なドイツの軍隊行進曲の一つです。

「旧友」にはこんなエピソードがあります。
ヴュルテンベルク王国の陸軍の楽隊員のとき、タイケは上官に新しい行進曲の楽譜を見せました。しかし、上官からは「行進曲は十分間に合っている。こんな曲はストーブに放りこんで薪にでもしてしまえ」といわれてしまいます。

タイケは失望して陸軍を退役することになりますが、その際、かつての同僚たちがタイケの送別会を催し、この行進曲を演奏してくれました。感激したタイケは感謝の思いを込め、この曲を「旧友」と名付けたといわれます。

「旧友」は後に評価されるようになり、今ではドイツのみならず世界中で知られドイツを代表する行進曲となっています。

タイケ:行進曲「旧友」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
旧友/星条旗よ永遠なれ~世界のマーチ集
フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル


😯 関連リンク
クラシックの行進曲ベスト20

世界のマーチ(行進曲)の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。