ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 イ短調より第1楽章

ヴァイオリン協奏曲イ短調は、ヴィヴァルディが作曲した全12曲からなる協奏曲集「調和の霊感」作品3の第6曲です。

この曲はコンチェルト・グロッソ(バロック時代の音楽形式で、独奏楽器群とオーケストラに分かれ、2つが交代しながら演奏する曲)へと発展した最古の協奏曲とも言われています。

ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲の中では、「四季」に次いでよく知られおり、特に一楽章はヴァイオリンを勉強する人であれば、必ず一度は演奏する重要な曲目となっています。

ヴァイオリン協奏曲 イ短調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」/ヴァイオリン協奏曲 イ短調
クーシスト







コメントは受け付けていません。