モーツァルトの名曲ベスト

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart(1756- 1791)

モーツァルトはわずか5歳のときからピアノ曲の作曲を始め、6歳でミュンヘンやウィーンの宮廷での御前演奏を行い「神童」とも呼ばれました。35歳で生涯を終えるまで、数多くの有名な楽曲を作曲し、この世にそれを残してきました。クラシック音楽に興味がない人でもその存在と、その音楽を一度は聴いたことがあると思います。モーツァルトは誰にも真似のできない不滅の音楽を残した「神童」ではないでしょうか。

モーツァルト

交響曲第25番 ト短調 K.183 

映画「アマデウス」の冒頭部分で使用され一躍有名になったこの曲は、モーツァルトがわずか17歳の時に作曲されました。少年の作とは思えないほど暗い情熱と悲劇的な緊迫感を示す作品で、モーツァルトの作品の中でもひときわ異彩を放っています。


交響曲第35番 ニ長調 K.385 「ハフナー」

モーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」は、1782年にハフナー家のためにモーツァルトが作曲した交響曲です。この交響曲以降の6つの交響曲(第37番を除く)は「モーツァルトの6大交響曲」とも呼ばれ、モーツァルトの交響曲のなかでも特に人気が高い曲です。


交響曲第36番 ハ長調 K.425 「リンツ」

モーツァルトの交響曲第36番ハ長調KV.425は1783年に作曲されました。モーツァルトはその年の10月から11月に掛けてのリンツ滞在中に、伯爵であったトゥーン・ホーエンシュタインの予約演奏会のため、この曲を4日間という早さで作曲しました。


交響曲第38番 ニ長調 K.504 「プラハ」

交響曲第38番ニ長調K.504は、1787年1月19日にプラハにて初演されたため「プラハ」というニックネームが付されています。交響曲35番以降の6つの交響曲(第37番を除く)は「モーツァルトの6大交響曲」と呼ばれ、モーツァルトの交響曲のなかでも特に人気が高い曲です。


交響曲第39番 変ホ長調 K.543

この交響曲第39番には「白鳥の歌」という俗称がつけられています。最後の3つの交響曲の中では最も明るく優美でエレガントなこの作品は、まさに「白鳥の歌」という言葉に最も相応しい作品です。


 交響曲第40番 ト短調 K.550

モーツァルトの全楽曲の中でも、最も有名な曲の1つ。モーツァルトの交響曲のうち短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく、その両方がト短調であるため、交響曲第40番を「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがあります。


交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」

「ジュピター」はモーツァルトの最後の交響曲です。モーツァルトを崇敬していたリヒャルト・シュトラウスは、「ジュピター交響曲は私が聴いた音楽の中で最も偉大なものである。終曲のフーガを聞いたとき、私は天にいるかの思いがした」と賛辞しています。


ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466  

モーツァルトのピアノ協奏曲は全部で27曲作曲されており、どれをとっても秀作なのですが、中でも最も人気があるのがこの第20番です。映画「アマデウス」で流れていたので覚えている人も多い曲です。初演以来、途切れることなく演奏されたモーツァルトの協奏曲はこの曲だけだったというのも納得がいきます。


ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467

モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも第20番と並んで、絶頂期にあったモーツァルトの人気の高いピアノ協奏曲のひとつです。甘美で清澄な第2楽章はスウェーデン映画「みじかくも美しく燃え」に使われました。


ピアノ協奏曲第23番 イ長調K.488

傑作揃いのモーツァルトの後期のピアノ協奏曲の中でも特に純粋な美しさを持っています。流麗な華やかさと繊細な美しさがモーツァルトの天才性を証明するような素晴らしい作品です。


ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491

モーツァルトは生涯27曲のピアノ協奏曲を残しましたが、この中で短調の作品はこの第24番ハ短調K.491と第20番ニ短調K.466の2曲だけです。多くの人がイメージするような「モーツァルトらしい」明るい曲ではなく、暗く情熱的な作品で、しばしばベートーヴェン的な作品と言われます。


ピアノ協奏曲第27番 ロ長調 K.595

モーツァルトは生涯27曲のピアノ協奏曲を作曲しましたが、最後の作品がこの第27番K.595で、モーツァルトが35歳で神に召される1791年の 1月作曲されています。モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも人気が高い作品の一つです。


ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216

5曲あるモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の中で、第5番と並んで演奏される機会の多い曲です。フランス風の優雅な雰囲気が盛り込まれた美しい曲で、オーケストラのオーディションの際などにもよくとりあげられる曲です。


弦楽四重奏曲第15番 ニ短調 K.421

ハイドン・セット全6曲中の第2曲です。古今の弦楽四重奏曲の傑作とされています。ハイドンの弦楽四重奏曲全23曲中2曲の数少ない短調の作品で、全体的に哀愁に満ちた曲想です。


弦楽四重奏曲 第17番 変ロ長調「狩」K.458

ハイドン・セット第4作の第17番は特に親しまれている作品です。曲の出だしが、狩りの時に鳴らされるラッパのように聞こえることから「狩」というニックネームがついています。


弦楽五重奏曲 第4番 ト短調 K.516

「弦楽五重奏曲第4番」は「第3番ハ長調」と並んで、モーツァルトの室内楽作品中、最高傑作の1つとみなされています。その美しい旋律は、モーツァルトの数ある作品の中でも、もっとも深い憂いをたたえたものに数えられており、小林秀雄は著書「モオツアルト」の中でこの曲を「疾走する悲しみ」と表現しています。


アイネ・クライネ・ナハトムジーク

「セレナーデ第13番」とも呼ばれます。モーツァルトのセレナードの中で、また全作品の中でも最も広く愛されている作品です。親しみやすい輝きに満ちたメロディは、クラシックを初めて聴く方でもきっと魅了されることでしょう。


レクイエム ニ短調 K.626

この通称「モツレク」と呼ばれる。モーツァルトが楽譜を書いたのは第3曲終わりのラクリモサ(涙の日)までです。モーツァルトの死後、弟子のジュスマイヤーがモーツァルトの意志を引継ぎこの名曲を完成させました。ヴェルディ、フォーレのものと並んで三大レクイエムと呼ばれて人気のある曲です。


レクイエム ニ短調K.626より“涙の日(ラクリモーサ)”

モーツァルトはこの「涙の日」を途中まで書いて亡くなりました。この世のものとは思えないような美しい旋律が心に迫ってきます。


ピアノソナタ第8番 イ短調 K.310

モーツァルトは18曲の美しく優れたピアノ・ソナタを作曲しましたが、この曲はその中でも最も有名な曲でしょう。モーツァルトのピアノ・ソナタ作品の中では珍しく短調で書かれています。モーツァルトの暗く激しい部分を強調した曲で、深さというよりは嵐のように劇的な曲想が魅力的です。


ピアノソナタ第10番 ハ長調 K.330

このソナタはとても明るく、可愛らしく、またフランス的な感じがする曲ですが、内容的にはとても表現力が豊かです。そして、ハ長調という調性もあってか、演奏も容易のためアマチュアのピアニストが好んで取り上げる曲の一つです。


ピアノソナタ第11番 イ長調K.331「トルコ行進曲付」

モーツァルトのピアノ・ソナタ中、もっとも広く愛好されている作品です。第3楽章が有名な「トルコ行進曲」であるため、「トルコ行進曲付き」と呼ばれることがあり、第3楽章の「トルコ行進曲」だけで単独で演奏されることも多くあります。


ピアノ・ソナタ 第14番 イ短調 K.457

モーツァルトが作曲した短調のピアノ・ソナタは「ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310」とこの作品のみであり、モーツァルトのピアノソナタの中で最も激しく劇的な作品です。


ピアノ・ソナタ 第15(16)番 ハ長調 K.545 より”第1楽章”

第1楽章はピアノ学習者ではない人でも聞いたことがあるでしょう。簡素で美しいメロディの代表的なピアノ曲としてピアノ初心者の練習には最適な曲となっています。


ピアノ・ソナタ 第17(18)番 ニ長調 K.576

バロック的な対位法が活用されていることが特徴で、モーツァルトのピアノ・ソナタの中でも演奏が難しい作品の一つとされています。


幻想曲 ニ短調 K.397

モーツァルトの幻想曲は、このニ短調のK.397と、もう一曲ハ短調のK.475が有名です。曲は「幻想曲」というタイトル通り自由な形式で書かれ、冒頭の序奏のような役割を果たす分散和音の部分や、哀感に満ちた美しい主題など、まさに天才的な霊感が遺憾なく発揮された名曲です。


アダージョ ロ短調 K.540

アインシュタインはこの曲について「モーツァルトがかつて作曲したもののうちで最も完璧で、感覚的で、最も慰めのないもののひとつである。」と評しています。


ディヴェルティメント 二長調 K.136

1楽章はモーツァルトのディヴェルティメントと言えば、このメロディを指すくらいにモーツァルトの作品中でも特に有名です。ヴァイオリンの伸びやかで軽快な美しさと明るさは16才のモーツァルトの無垢な美しさで溢れています。


ディヴェルティメント ヘ長調 K.138(125c) 第1楽章

モーツァルトのディヴェルティメントと言えば、一番有名なのはK.136ですが、このK.138もイタリア風の瑞々しい感性に満ちた親しみやすい曲です。


ディヴェルティメント第17番より第3楽章「メヌエット」

このディヴェルティメント第17番は全部で20数曲あるモーツァルトのディヴェルティメントの中でも最もよく知られている曲です。このメヌエットは「モーツァルトのメヌエット」とも呼ばれ、ヴァイオリン独奏や弦楽合奏などでよく演奏されています。


キラキラ星変奏曲

「キラキラ星変奏曲」の正式なタイトルは、フランスの歌曲「ああ、お母さん聞いての主題による12の変奏曲」といいます。これは1770年頃のパリで流行していた恋の歌ですが、替え歌「Twinkle, twinkle, little star」の童謡として世界的に広まり、現在では世界中で愛唱されています。


歌劇「フィガロの結婚」序曲

「フィガロの結婚」はもっとも親しまれているオペラの一つです。この序曲も大変人気があり、コンサートでも序曲だけ独立して演奏されることも多い。流麗で華麗な親しみやすいメロディが全編に溢れ、幸福感に満たされるような傑作です。


歌劇「フィガロの結婚」より“恋とはどんなものかしら”

「恋とはどんなものかしら」は第2幕でケルビーノ(どんな女にでも恋してしまう思春期の少年)が歌うアリアです。フィガロのアリア「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」と並んで人気のあるアリアです。


歌劇「フィガロの結婚」より”もう飛ぶまいぞこの蝶々“

「もう飛ぶまいぞこの蝶々」は第1幕の最後にフィガロによって歌われるアリアです。第2幕でケルビーノが歌う「恋とはどんなものかしら」と並んで人気のあるアリアです。


 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲

「ドン・ジョヴァンニ」は「フィガロの結婚」「魔笛」と並んで3大オペラと呼ばれるモーツァルトの代表作です。


歌劇「魔笛」序曲

「魔笛」はモーツァルトが残した最後のオペラで、モーツァルトのオペラの中でも一番の人気のあるオペラです。「魔笛」はどちらかというとオペレッタに近く、今日のミュージカルにも似ていて、メルヘンの優しい世界の中で、楽しいエピソードが繰り広げられるオペラです。


歌劇「魔笛」より“私は鳥刺し”(パパゲーノのアリア)

「私は鳥刺し」は第1幕でパパゲーノの登場時に歌われるアリアです。鳥を女王に献上して暮らす鳥刺しのパパゲーノが、自分の職業である鳥刺しについて陽気に歌い上げます。


歌劇「魔笛」より“パパパの二重唱”

「パパパの二重唱」は2幕の最後で歌われるパパゲーノとパパゲーナの二重唱です。「パ・パ・パ」という呼びかけ合いで始まる軽妙で陽気な二重唱です。


歌劇「魔笛」より“娘か可愛い女房が一人” (パパゲーノのアリア)

「娘か可愛い女房が一人」(可愛い娘か女房がいれば)は、第2幕に登場するパパゲーノのアリアで、パパゲーノが可愛い女の子か奥さんがいたら、この世は実に素晴らしい、と歌います。


ホルン協奏曲第1番 ニ長調 K.412

このホルン協奏曲第1番はホルン協奏曲第3番とともに大変人気があり、小学校の音楽鑑賞教材にもなっています。また、「いきなり!黄金伝説」のBGMとしても使われています。4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。


ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 K.417

モーツァルトは生涯に4曲のホルン協奏曲を書き残していますが、4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。この第2番のモーツァルトの自筆譜面には「ろば(とんま)で牡牛(まぬけ)の馬鹿のロイトゲープを憐れんで」の書き込みがあるそうです。


ホルン協奏曲第3番 変ホ長調 K.447

モーツァルトは生涯に4曲のホルン協奏曲を書き残しています。この4曲はすべて彼の年上の友人であるロイドゲープのために作曲しています。その中でもこの3番変ホ長調K.447が、最もポピュラーで、古今東西のホルン協奏曲の中でも最高傑作とも言われています。4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。


ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K.495

ホルン協奏曲第4番はホルン協奏曲の最後の作品として、1786年、「フィガロの結婚」の2ヵ月後に作曲されました。4曲の中でも一番堂々とした協奏曲で、半音奏法を中心に、当時のホルンとしてはかなり高度な演奏巧技が要求される曲となっています。


フルート協奏曲第1番ト長調 K.313

このフルート協奏曲第1番は1778年、モーツァルトが就職活動のために訪れていたマンハイムで作曲されました。フルートの特性が生かされたのびやかな作品で、古今のフルート協奏曲の中でも最も広く親しまれている作品です。


フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314

モーツァルトが1778年頃に作曲したフルート協奏曲。この協奏曲は前年に作曲したオーボエの名曲「オーボエ協奏曲ハ長調」を編曲したものです。


クラリネット協奏曲 イ長調K.622

2006年イギリスのクラシックFM局のモーツァルトの人気曲の第1位になり、モーツァルトの全作品中の最高傑作と評判になりました。中でも第2楽章は、この上ないやすらぎと穏やかさに満ちていて、たとえようもなく美しい楽章です。


クラリネット五重奏曲

友人のシュタードラーのために作曲され、「シュタードラー五重奏」と呼ばれることもあります。モーツァルト晩年の傑作のひとつであり、クラリネットのために書かれた古今東西の曲の中でも特に有名です。


オーボエ協奏曲 ハ長調

この曲は古今東西のオーボエ協奏曲の中でも最も人気のある作品で、オーボエ奏者のプロオーケストラの入団試験の際に必ずと言っていいほど演奏させられる曲です。オーボエの音色の魅力を存分に引き出している名曲です。


2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448 より第1楽章

2台のピアノのためのソナタとは、ピアノ二重奏のために作曲されたピアノソナタです。クラシック音楽をテーマとした二ノ宮知子の漫画作品「のだめカンタービレ」で主人公の千秋真一と野田恵(のだめ)が初共演した曲として演奏されて知名度が上がりました。


オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370

このオーボエ四重奏曲は室内楽でありながら協奏曲的な華やかさをもった明るく親しみやすい名曲で、古今のオーボエと弦楽のための室内楽曲の代表的な曲の一つです。


ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調K.364

協奏交響曲とは複数の独奏楽器がオーケストラと競演する交響曲の一種です。この協奏交響曲変ホ長調K.364は、華やかに上昇するヴァイオリンと静かに深い世界へ向かうヴィオラという2つの楽器の性格はうまく使い分けられ、華やかながらも陰影を帯びたーツァルトの芸術性がうまく表現された名曲です。


ファゴット協奏曲K.191

古今のファゴット協奏曲の中で最も知られた作品です。モーツァルトが18歳の時の作品です。モーツァルトは他に3曲~4曲のファゴット協奏曲を作曲したと思われているが、現存するのはこの1曲のみです。ファゴットの音には、とぼけたような感じがありますが、そのへんのファゴットの特徴をいかんなく発揮した名曲です。


セレナード第10番 変ロ長調 「グラン・パルティータ」 K.361 (370a) 第3楽章

映画「アマデウス」の中で、作曲家サリエリがモーツァルトの曲を初めて知る場面で使われていたのがこの曲の第3楽章です。全曲中でも特に充実感と深さを持った楽章となっています。


 フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

フルートとハープという珍しい組み合わせの協奏曲です。全曲を通してエレガントな美しさに溢れている作品で、特に第2楽章のアンダンティーノのフルートのゆるやかな旋律とハープの細かな装飾はこの世のものとは思えない美しさです。


オペラ「魔笛」より”夜の女王のアリア”

「魔笛」はモーツァルトが1791年に作曲した生涯最後のオペラです。「夜の女王のアリア」はコロラトゥーラ・ソプラノの技巧を要求する大変な難曲であるために、若手コロラトゥーラ・ソプラノの登竜門となっています。


モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」K.618

アヴェ・ヴェルム・コルプスニ長調K.618は、カトリックで用いられる賛美歌です。わずか46小節の小品ですが、絶妙な転調による静謐な雰囲気から、モーツァルト晩年の傑作とされています。


ミサ曲ハ短調 K.427

大ミサ曲ハ短調 K.427は、モーツァルトが作曲した未完成のミサ曲です。「ミサ曲ハ短調」とか「ハ短調ミサ曲」とも呼ばれており、モーツァルトの宗教音楽では、「レクイエム」に次いで有名な曲です。


すみれ

「すみれ」K.476は、モーツァルトが29歳のときに作曲した歌曲(リート)です。モーツァルトの歌曲の中では「夕べの想い」などと共に最も有名な曲です。


春への憧れ

「春への憧れ」 ヘ長調 K.596 は、モーツァルトの最晩年の1791年に作曲された歌曲(リート)です。子供向けの歌曲として作曲されました。


エクスルターテ・ユビラーテ「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」 K.165 (158a) より”アレルヤ”

3楽章からなりますが、特に終楽章の「アレルヤ」が有名です。歌詞はアレルヤをずっと繰り返していきます。現在では、通常リリック・ソプラノの主要なレパートリーとなっています。


自動オルガンのための幻想曲 ヘ短調 K.608

モーツァルトのオルガン曲は、そのほとんどが自動オルガンのための作品です。中でもこのK.608 は単なる自動オルガンのためという目的をはるかに超え、魅力的な作品に仕上げられています。



コメントは受け付けていません。