ヴェルディ:歌劇「椿姫」より”第1幕への前奏曲”

ヴェルディは19世紀を代表するイタリアのオペラの作曲家です。歌劇「椿姫」はヴェルディの代表作とされるだけでなく、世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つです。

「椿姫」の舞台は19世紀半ばのパリで、社交界の人気者である高級娼婦ヴィオレッタと、青年貴族アルフレードの純愛を描いています。二人は一度結ばれますがアルフレードの父に反対されて別れ、最後に再会するもののヴィオレッタは結核で死ぬ、という悲恋の物語です。

第1幕への前奏曲はヴィオレッタの運命を暗示するような哀愁をおびた美しい曲です。前奏に続いてヴィオレッタの純愛のモチーフとも言われる主題が奏されます。この主題は「ヴィオレッタに捧げし歌」というタイトルでタンゴにも編曲されています。

歌劇「椿姫」より”第1幕への前奏曲”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲
マリア・カラス(ソプラノ)

😀 オススメDVD
ヴェルディ:歌劇《椿姫》ジュゼッペ・ヴェルディ劇場ブッセート 2002年 [DVD]
プラシド・ドミンゴ







コメントは受け付けていません。