モーツァルト:歌劇「魔笛」より“娘か可愛い女房が一人” (パパゲーノのアリア)

「魔笛」はモーツァルトが残した最後のオペラで、モーツァルトのオペラの中でも一番の人気のあるオペラです。「魔笛」はどちらかというとオペレッタに近く、今日のミュージカルにも似ていて、メルヘンの優しい世界の中で、楽しいエピソードが繰り広げられるオペラです。

「魔笛」の脚本は興業主、俳優、歌手であったエマヌエル・シカネーダーによるもので、ストーリーは民衆の意を汲み上げた大衆娯楽的な作品で、最後にどんでん返しの面白さがあります。

「娘か可愛い女房が一人」(可愛い娘か女房がいれば)は、第2幕に登場するパパゲーノのアリアで、パパゲーノが可愛い女の子か奥さんがいたら、この世は実に素晴らしい、と歌います。グロッケンシュピールの音が美しく響きます。モーツァルトは2つのパパゲーノのアリアを、当時の流行歌から取ったと言われています。

歌劇「魔笛」より“娘か可愛い女房が一人” (パパゲーノのアリア)

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:魔笛 ハイライツ
カール・ベーム

😀 オススメDVD
モーツァルト:歌劇《魔笛》 [DVD]
レヴァイン指揮 メトロポリタン歌劇場管弦楽団







コメントは受け付けていません。