ルロイ・アンダーソン:ブルー・タンゴ

ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評しています。

「ブルー・タンゴ」はアンダーソンによる1951年の作品。器楽曲として初めてミリオンセラーになった曲で、ルロイ・アンダーソンの最大のヒット曲です。自身で指揮した演奏のレコードは、1951年12月末からヒットチャートで5週の間1位を獲得しました。

ブルー・タンゴはクラシックではなく、コンチネンタル・タンゴに分類されるようです。1987年、いすゞ自動車「ジェミニ」のCMに使われました。

ブルー・タンゴ

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ






コメントは受け付けていません。