ルロイ・アンダーソン:プリンク・プランク・プルンク

ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評しています。

「プリンク・プランク・プルンク」はアンダーソンによる1951年の作品。弦楽器のピチカート(弦を弾いて演奏する)だけで演奏される曲です。曲の途中で弦楽器の裏板を手でこすって、「シュッ」という音を出したり、コントラバスをクルッと回転させるパフォーマンスがあります。

軽やかに弾むような軽快感のある曲で、日産の軽自動車「MOCO」のCMに使用されていました。

プリンク・プランク・プルンク

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ






コメントは受け付けていません。