ルロイ・アンダーソン:フィドル・ファドル

ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評しています。

「フィドル・ファドル」はアンダーソンによる1947年の作品。フィドルとはヴァイオリンの一種で、ファドルは「ふざける、だらだらする」という意味です。曲は目まぐるしく動き回るメロディと、アンダーソン特有のピツィカートで一気に駆け抜けます。

フィードラーはこの曲を自身のポップ・コンサートのプログラムに頻繁に用いていたために「フィードラー・ファドル」と揶揄する人もいたとか。

フィドル・ファドル

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ






コメントは受け付けていません。