ルロイ・アンダーソン:ワルツィング・キャット(踊る子猫)

ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評しています。

「ワルツィング・キャット」はアンダーソンによる1950年の作品です。子猫が楽しそうに遊びまわる様子が描かれています。曲中ではときおりヴァイオリンが奏でる子猫の愛らしい鳴き声も表現されていて、猫好きにはグッとくるのでは。最後には犬に吠えられて猫が逃げ出す様子がコミカルに描かれています。

ワルツィング・キャット(踊る子猫)

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ






コメントは受け付けていません。