ルロイ・アンダーソン:舞踏会の美女

ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評しています。

「舞踏会の美女」はアンダーソンによる1950年の作品です。どこかアメリカ的な感じのするお洒落な感じのワルツです。美女が優雅で上品にワルツを踊る様子が目に浮かぶようです。

英語でのタイトルは「Belle of the Ball」で、この「Belle」とは有名な「美女と野獣」に出てくる主人公の「Belle」ベルの事です。アメリカで「Belle」は「最高の美女」という形容詞にされているようです。

舞踏会の美女

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ






コメントは受け付けていません。