ルロイ・アンダーソン:タイプライター

ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評しています。

「タイプライター」はアンダーソンによる1950年の作品。ルロイ・アンダーソンの最も有名な作品のひとつです。タイプライターが楽器として使用されており、仕事に追われ、忙しいオフィスの情景をユーモラスに描写した音楽です。

演奏では、タイプライターの、キーをタイプする音、「チーン」と鳴るベル音、リターンレバーの「シュッ」という音がコミカルに使用されています。演奏は実際にタイプライターを用いますが、ベル音やリターンレバーの操作音はトライアングルやギロで代用されることもあります。

タイプライター

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ






コメントは受け付けていません。