ヘンデル:水上の音楽

ヘンデルの代表的な管弦楽作品です。この曲には有名なエピソードがあります。

ヘンデルは、1710年にドイツのハノーファー選帝侯の宮廷楽長に就いていましたが、1712年以降、帰国命令が出ていました。しかしそれには従わず外遊先のロンドンに住んでいました。

ところが、1714年にそのハノーファー選帝侯がイギリス王ジョージ1世として迎えられることになったため、王のご機嫌を取るためにこの曲を作り、テムズ川での王の舟遊びの際にこの曲を演奏したということです。しかしこの曲が出来た時、すでに彼らは和解していたようで、このエピソードの真偽のほどはさだかではありません。

野外で演奏される曲のため、全体に明るく開放的な雰囲気が溢れているヘンデルの代表作品のひとつです。

ヘンデル:水上の音楽

ヘンデル:「水上の音楽」第2組曲第2曲”アラ・ホーンパイプ“

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽
クリストファー・ホグウッド指揮 エンシェント室内管弦楽団


😯 関連リンク
食事の時のクラシック
BGMに最適なクラシック




 

コメントは受け付けていません。