ヘンデル:オラトリオ「メサイヤ」

オラトリオとは、宗教的(キリスト教的)なものを題材として独唱、重唱、合唱、管弦楽のために劇的に構成された宗教音楽です。「聖譚曲」とも呼ばれる。この曲はバッハのマタイ受難曲、ヨハネ受難曲と並んでよく知られた宗教的作品です。

3部構成の約2時間半のこの大曲の楽譜をヘンデルはわずか24日間で書き上げたと伝えられます。第2部最終曲の「ハレルヤ」(通称「ハレルヤコーラス」)は特に有名です。

「ハレルヤコーラス」については1743年初めてロンドンで演奏された際、国王ジョージ2世が、「ハレルヤ」の途中に起立し、後に観客総立ちになったという逸話があり、日本でもコンサートにおいて聴衆が「ハレルヤ」で立ち上がるのはこの逸話に端を発しています。

ヘンデル:オラトリオ「メサイヤ」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽
クリストファー・ホグウッド指揮 エンシェント室内管弦楽団


😯 関連リンク
三大オラトリオ
クラシックの合唱曲ベスト20




 




コメントは受け付けていません。