ラヴェル:マ・メール・ロア

「マ・メール・ロワ」は、モーリス・ラヴェルがシャルル・ペローの「マ・メール・ロワ」(フランス語でマザーグース)を題材にして作曲した、ピアノ四手連弾の5つの小品の組曲です。

オリジナルの連弾曲は、子供好きのラヴェルが、友人であるゴデブスキ夫妻の2人の子、ミミとジャンのために作曲したものです。後に、ラヴェルによって管弦楽用とバレエ音楽に改作されています。

この作品は童話の世界を音楽に表現したもので、子供のために作られましたが芸術性の高い作品になっています。また、管弦楽版はチェレスタやハープ、コーラングレやコントラファゴットなどが入った大編成なオーケストレーションが施されています。

第1曲 眠れる森の美女のパヴァーヌ
第2曲 親指小僧
第3曲 パゴダの女王レドロネット
第4曲 美女と野獣の対話
第5曲 妖精の園

ラヴェル:マ・メール・ロア(ピアノ連弾)

ラヴェル:マ・メール・ロア(管弦楽版)

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ラヴェル:マ・メール・ロア、クープランの墓、他
シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団






コメントは受け付けていません。