ラヴェル:ピアノのためのソナチネ

モーリス・ラヴェルの「ピアノのためのソナチネ」は、1903年から1905年に作曲されたピアノ曲です。ラヴェルのお気に入りのポーランド人兄弟、イダ・ゴデブスカとシーパ・ゴデブスキに献呈されています。ラヴェルの名前を世に広めた曲の一つです。

この作品はラヴェルが音楽雑誌主催の作曲コンクールのために書いた曲で、小節数の規定のため小規模な作品となっています。この「ソナチネ」はピアノ学習者が初期に習う古典派のソナチネとは異なり、高い演奏技巧と音楽性が必要とされる作品です。

曲は美しい旋律に満ち溢れたソナチネ形式の第1楽章。優美で可憐な旋律のメヌエットの第2楽章、変拍子が織り込まれたリズミカルな第3楽章の3楽章で構成されています。

ラヴェル:ピアノのためのソナチネ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ラヴェル:夜のガスパール
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)






コメントは受け付けていません。